楽天カードのリボが減らない人必見!

楽天カード

楽天カードは楽天市場をよく利用する人にはとても便利なカードですが、

これは罠なのでは?

と思うこともあります。

その一つがなかなか減らないリボです。

リボ払いの種類 | 楽天カード

楽天カードには数種類のリボがあります。
次の一覧を見てみましょう。

  • ・ショッピングリボ
  • ・キャッシングリボ
  • あとからリボ払い
  • ・自動リボ

ショッピングリボ払い

「ショッピングリボ払い」とは、カードご利用金額や件数にかかわらず、毎月ほぼ一定のお支払いコースに包括信用購入あつせんの手数料(以下リボ手数料)を加えてお支払いいただく方法です。お支払いコースは締切日時点のリボご利用残高に応じて自動的にスライドいたします(残高スライド定額リボルビング方式)。大きなお買い物でも、月々のお支払い金額の負担を軽くできるので大変便利です。

これは例えば今月10万円を利用したとしても来月の支払いは設定額のみ引き落とされるというもの。

例)利用額10万円 リボ支払設定額1万円 
  口座引き落とし額 1万円+リボ手数料

翌月お金のやりくりがとても楽になるのでついつい甘えきってしまいますよね?

キャッシングリボ

「キャッシングリボ払い」とは、ご利用金額やご利用件数にかかわらず、毎月のお支払い金額がほぼ一定となるお支払い方法です。
毎月のお支払い金額は、お手持ちのカードに設定されているリボ払いお支払いコースの元金に前月支払い日の翌日から当月支払い日までの利息を加算した金額となります。

急ぎで現金が必要になったときなど、銀行ATMでお金を引き出すのと同様にクレジットカードでお金を引き出すことができます。

これもショッピングリボと同じで、設定金額が翌月口座から引き落とされます。

あとからリボ払い

翌月1回払い・分割2回払い・ボーナス1回払い・キャッシング1回払いのご利用分をあとからリボ払いに変更できるサービスです。

楽天カードを利用していると、「今月のお支払額」がメールで届きます。

今月はちょっと使いすぎたなというときや口座にお金が足りない時などは、この利用額の一部または全部をリボ払いに変更することが可能です。

自動リボ

お店やネットショッピング等で「翌月1回払い」と指定したショッピングご利用分が自動的にリボ払いになるサービスです。

楽天カード

どれも毎月お金に余裕ができるのでとても助かるのですが、これはいわゆる借金。

そのことに気が付くのは利用枠を使い切ってしまって次のような画面を目にしたときかもしれません。

楽天カード ご利用可能額超過

この画面を実際に見たとき少し血の気が引きました。

私の利用可能額は100万円だったからです。

なぜか減らないリボ残高

他のクレジットカードをよく利用していたせいか、勝手にリボ払いの返済額は残高に応じて勝手に変わってくれるものだと勘違いしていたのが大きな間違いでした。

楽天カードの前に利用していたカードでは、リボ残高10万円までが毎月1万円、10万円から20万円までが2万円と、10万円増えるごとに返済額が1万円増える形でした。

楽天カードのリボ返済初期設定額は?

よくよく調べてみると返済額の設定は次のようになっていたんです!

楽天カード リボお支払コース確認・変更

正直ドン引きです。。。

毎月何万円もあとからリボに変更していたのに、返済額3,000円には悪意を感じます。(自分が悪いんですけど)

リボ払い返済額変更方法

楽天カードの楽天e-NAVIでログインします。

トップ > お支払い方法 > リボお支払いコースの確認・変更

で次の画面を開いてください。

両方変更しておくのが無難でしょうか。

今回は返済を急がなければいけないのでそれぞれ2万円としました。

来月から返済が大変ですがこれも身から出たさび。
頑張って返済しましょう!

RakutenWiFiPocket Rakuten回線エリアで速度制限!?

 現在実質無料で購入できるRakutenWiFiPocketは、Rakuten Unlimitのプランで使用すれば月額2.980円で通信容量制限無しで利用することができます。

 通信速度は下り15MB,上り50MB(ベストエフォート値)、下り実測値20MBと家庭内のインターネット環境としても役に立つポケットWiFiです。

楽天回線は速度制限無し

 現在楽天モバイルが提供するエリアは順次拡大中ではあるものの、エリア外ではau回線を利用したパートナーエリア(通信速度は楽天モバイルエリアと同じ。通信容量は国内5GB)となっているため、通信が不可能なエリアは無いと言っていいだろう。

パートナーエリアにおいては通信容量か5GBを超えると1MBに制限されるのだが、これは速度がとても遅くスマホのブラウジングにも使いづらい。

もし頻繁に使うのなら利用エリアが楽天回線エリアであることを確認することと、隣接エリアがau回線ではないことを確実にしておきたい。(電波が強い方に強制的に切り替えられるため)

 ソフトバンクなどのポケットWiFiでは3日間の使用量に応じて速度制限がかかることがあるが、実は楽天モバイルではそういった速度制限は存在しない。(ネットワーク専用のカスタマーセンターで確認済み)

しかし筆者は先日RakutenPocketWiFiで下り速度1MB弱という速度制限を経験している。

利用通信量が70GBを超えた途端に速度制限1MB

RakutenPocketWiFiは本体画面に当月利用した通信量が表示されるのだが、どうも70GBを超えた途端に通信速度制限がかかったようだった。

我が家には家庭内の常設ネット環境がまだ無く、環境が整うまでの繋ぎとして楽天モバイルと契約したためこの容量に達したのだが、正直制限がかかるとは思っていなかった。(ここまで使うのも予想外なのだが)

通常、速度制限がかかると数日もすれば元の速度に戻るものなのだが、何日経っても1MB以下の状態が続き元の通信速度に戻る気配がない。

約1週間も1MB以下でPCを触り続けると、さすがに筆者も怒りを覚えた。

ネットワークトラブル専用のカスタマーサービスへ連絡

楽天モバイルにはネットワークの通信障害に対応したカスタマーサービスがあるのだが、そこよりももっと詳しく状況を調べてくれるサービスセンターがある。

(結果から先に言うと、全く詳しくないばかりか筆者の方が知識があった)

その中で分かったことは、楽天回線エリアでは利用量などに関わらずどんな状況でも通信速度制限はないとのことだった。

カスタマーセンターとのやり取りの中試したことは、

  • 端末の再起動
  • 端末の初期化
  • 違う端末での利用

であったが、どれを試しても速度は変わらなかった。

カスタマーセンターが言うには、掴んでいる電波がおそらくau回線のため速度が遅くなっているとのことだったが、我が家の環境では周りにパートナー回線がないためそれはありえない。

しかしお姉さんはパートナー回線の一点張りて譲らず、随時拡大中なので対応エリアを見てほしいとのことだった。

(既に開通しているのに何を見ろと言うのだろうか。。。)

利用電波の確認方法があった!

RakutenPocketWiFiでは、今利用している電波がパートナー回線なのか楽天モバイル回線なのかを知る方法がある。

WiFiの設定画面

購入した当初、RakutenPocketWiFiでPCを利用した時に設定した画面を思い出した。

設定方法はこちら

設定画面にあるAPNの中、〇〇をみれば今掴んでいる電波がどちらなのか一目でわかるのだ。

写真

この部分が11ならば楽天モバイル回線を利用しているのだが、やはり速度が遅いのは楽天モバイル回線だと判明した。

ということは、やはり速度制限がかけられているということになる。

ネットワークを切断しますか?

ここで気がついたのだが、ネットワークの詳細設定に上記のようなポップアップが出ているではないか。

これは初期設定時において通信量の通知設定をしたものだが、利用量の警告のためだと当初考えていた。

が、それが全ての間違いであることに気づく。

※注意 ネットワーク管理は上限を超えないための制限ツールだった!

購入後に設定した記憶はあるのだが、多分70GBあたりで警告を出してみようかな〜的なことをした気がする。

もちろん即座に解除!!

ドキドキしながら通信速度を測る。。。

戻ってるorz

どうやらやっちまっていたらしい。

カスタマーセンターのお姉たん、噛みつきまくってごめんなさいwww